メニューを飛ばして本文へ

楢葉町

緊急・災害情報

組織別に探す

通知カードの廃止について

公開日:2020年05月21日

通知カードは廃止されます

 法律の改正等により通知カードは、令和2年5月25日(月)に廃止されます。

 廃止以降は、通知カードの再発行や出生などに伴う新規発行がなくなります。また、住所や氏名が変更になったことの記載ができなくなります。

 現在の通知カードは、経過措置として、住所や氏名等が住民登録と一致している場合に限り、マイナンバーを証明するものとして引き続きご利用いただけます。

通知カード廃止後のマイナンバーを証明できる公的書類

①住所氏名が現在の住民票と一致している通知カード(当面の間)

②マイナンバーカード

③個人番号(マイナンバー)記載の住民票

通知カード廃止後のマイナンバーの通知方法

 出生等によりマイナンバーが新たに付番された方へは、通知カードの代わりに「個人番号通知書」が郵送されます。

※「個人番号通知書」はマイナンバーを証明する書類としては使用できません。

通知カードとは

通知カードイメージ.gif 通知カード 裏面イメージ.gif

 通知カードとは、紙製のカードで、住民の方に12桁のマイナンバー(個人番号)をお知らせするものです。

 マイナンバーは、国の行政機関や地方公共団体などで、社会保障・税・災害対策の分野で利用されます。マイナンバーを確認する書類が必要なときに、住所や氏名等が住民登録と一致している場合に限り、通知カードを提示することができます。

※通知カードは、マイナンバーの確認のために利用することができる書類のため、一般的な身分証としては使用できません。

このページに関するお問い合わせ先

住民福祉課

〒979-0696 福島県双葉郡楢葉町大字北田字鐘突堂5-6
電話:0240-23-6102

メールからのお問い合わせ